「marker」Ver 0.2



「marker」は、日本で発売されている宝くじの一種である、「ナンバーズ3」「ナンバーズ4」「ミニロト」「ロト6」のマークカードの マーキングを行うExcel97用のマクロです。

主な機能

ダウンロード

バージョン リリース サイズ
Ver 0.2 '01/02/05 78.8kB
Ver 0.1 '00/10/31 66.8kB

修正履歴

動作確認済み環境

多彩な購入方法とは?

 ミニロト・ロト6は数字(前者は1〜31、後者は1〜43)の中から、決められた数(前者は5、後者は6)の数字を選んで、 その数字が抽選で選ばれた数字と一致した数によって当選が決まります。

 ロトくじの先進国では、この数字を規定数以上の数を選択することにより発生する複数のパターンを一つのマークシートで購入できるのですが、 日本のロトくじではこれらの購入方法を行うためには、それぞれのパターンを全てマーキングする必要が有り、非常に煩雑です。

規定数以上の数字を選択した場合のパターン数
くじ\選択数
ミニロト62156126
ロト672884
markerではこの煩雑さを解消するために、最大12個までの数字を選択できるようになっていて、その全てのパターンがマーキングできるようになっています。

※)パターン例
ロト6で、1・2・3・4・5・6・7の7つを選択して、その中から6つを選択したすべてのパターンは以下の通り。
1・2・3・4・5・6/1・2・3・4・5・7/1・2・3・4・6・7/1・2・3・5・6・7/1・2・4・5・6・7/1・3・4・5・6・7/2・3・4・5・6・7

複数選択することによる利点と欠点

 複数選択する場合の利点は、1〜4等に当選するとその下の等級にも当選することになります。
上の例で、1・2・3・4・5・6が当選番号だった場合、他の6つのパターンはすべて3等当選となるはずです。
仮に、7がボーナス番号の場合は、購入した7通りがすべて1等または2等の当選となります。こうなれば賞金はほぼ倍増ですね。

 逆に欠点は、3等以下の当選確率が低くなることです。
バラバラで同じパターンを購入した場合は単純に確率で計算されるのですが、複数番号の選択によるパターンを購入をした場合、 重複当選(上位等級当選による当選も含む)が発生するので、その分確率が低くなるわけです。
同様に上記の例で、1・2・3・4・21・33が当選番号の場合、前3つが4等、後4つが5等当選となります。
ただし、1等に関しては全パターン中1つしか的中が無いので、1等の当選確率は変わりません。

これらの有利・不利は有っても、確率計算上の期待値はどちらも変わりません。

その他(必読)